毎日ワクワク〜〜!

毎日の生活がワクワクできるような情報を紹介します♪

生活

ハズキルーペと老眼鏡の違いとは?使い方は?使ってみた感想を紹介!

2019/07/18

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

老眼が進んで今使っている老眼鏡では文字などが見えづらくなってきて、買い換えようと思っているけど、ハズキルーペってどうなのかしら?
今より度の強い老眼鏡にするのか、ハズキルーペにした方がいいのか。
実際に使ってみた感想などをまとめてみました!

スポンサーリンク
  

ハズキルーペと老眼鏡の違いって何?

TVのCMでも今話題のハズキルーペ。
そもそも老眼鏡どどう違うのかしらって思ってる方多いと思います。
ルーペっていうと拡大鏡ですよね。
普通のルーペは大きなレンズのもので、片手で持って焦点をあわせると物が大きく見えますよね。
ハズキルーペはルーペって言うくらいですから、物を拡大して見せてくれます。しかもメガネのようにフレームがついてて、そのレンズが虫眼鏡って言う感じです。

では老眼鏡とどう違うんでしょうか?
私がメガネ店でハズキルーペを買った時、店員さんに言われたのは老眼鏡は焦点をあわせるのに対して、ハズキルーペは大きく見えるんです。ってこと…

何だか分かりづらかったんですが、つまりこういうことだったんです。
たとえば、あなたの目の30cm先の文字がぼやけて見えにくいとします。
老眼が進んだ目は焦点を合わせづらくなっているので文字がぼやけて見えてしまいますよね。老眼鏡は焦点を合わすことで文字のぼやけが取れて文字がくきり見えるようになります。

ではルーペはどうでしょうか。片手にルーペを持って見てください。
30cm先の見えにくい文字もルーペで拡大することでぼやけもしなくて見ることができるでしょう。

これがハズキルーペと老眼鏡の違いだったんです。
しかも、ハズキルーペはメガネのようになっているので、手で持たなくていいから両手ガ使えるんですね。
この、両手が使えるというのは本当に便利なんです!

片手にルーペを持って針に糸を通すことを想像してください。
なんとか工夫をすればできるかもしれないですが…ちょっと無理ですよね。
そこをハズキルーペならメガネのように掛けているので、両手が使えるだけでなく、拡大して見えるので簡単に針に糸も通すことが出くるんです!

拡大して見えると言いましたがどのくらい大きく見えるかというと、その大きはさ1.32倍、1.6倍、1.85倍。
私のもってるのは1.6倍です。どのくらいかというと、私の感覚では、B5の用紙がA4くらいに見える、と言った感じですかね~
ハズキルーペを外すと、今まで見えてたものがぼやけるだけでなく小さく見えます^^;
この1.6倍は使ってみればすぐに実感できるハズキルーペのいいところですよ^^

ハズキルーペの使い方、老眼鏡の上からかけるの?

ハズキルーペに使い方についてですが、そのまま掛けてもいいですし、老眼鏡の上からかけてもいいです。もちろんコンタクトレンズをつけている方でも大丈夫ですよ^^

ハズキルーペは老眼鏡の度数で言うと私のもってる1.6倍だと2.5くらいらしいです。
私も、度数が1.0の老眼鏡では見えづらくなってきたので、2.0くらいに買い換えようかな~と思ってメガネやさんに言った時に、前から気になっていたハズキルーペと比較して、店員さんに根掘り葉掘り聞いて買いました^^;

その時、ハズキルーペが度数で言えば2.5くらいって言われたので、どうせそのくらいの老眼鏡を買おうと思っていたので丁度良かったんですね。

老眼鏡の度数って言うとどのくらいまであるのかって言うと、100均などでもありますが、+1.0~+3.0までくらいが置いてあると思いますが、メガネやさんで作ると+10.0くらいまで作れるそうです。

よく年齢でこのくらいって目安があります。
40歳~45歳なら+1.0
45歳~50歳なら+1.5
と言った感じで5歳刻みで0.5づつ上がっていくみたいな表がありますが、あくまで目安なので、掛けてみてクッキリ見えるのが合っている度数ということになります。

スポンサーリンク

ハズキルーペはそのまま掛けるということですいいですし、眼鏡の上から掛けるというのもありです。
ハズキルーペを選んだ理由はココにもあります。
+1.0で見えにくくなったので、2.0くらいの老眼鏡を買おうとしたんですが、老眼は年齢とともに進んでいきます。そうすると2.0で合わなくなってきたら次は3.0を買うことになります。そこで、1.0の老眼鏡の上からハズキルーペを掛けると、ハズキルーペの度数が2.5くらいと言うことなので1+2.5=3.5くらいになります。
だったら、2.0を買わずに済むしリーズナブブルで拡大もできる!っていうのが決め手になりました^^
今ではハズキルーペは1.8倍の物が出てますよね。これは老眼の度数でいうと3~3.5のようですね。
そのうちこちらに変える日が来るんでしょうね~


歯医者さんとかで、先生が眼鏡の上からハズキルーペをかけていらっしゃるのを見たことないですか?それはやっぱりよく見えるからそうしてるんだな~っていうのがよくわかります。

ハズキルーペを使ってみた感想!

ハズキルーペを使った感想ですが、私には申し分のない使用感です。
慣れないうちは虫眼鏡をずっと見てるような感じで目が疲れてくるように思えましたが、それも慣れてきました。また何より大きく見えるというのが本当にありがたいんです。しかも両手が使えるので作業するにも文字を書くにも助かっています^^
ハズキルーペがあれば多少老眼が進んでも度数を上げた老眼鏡を買わなくて済むんじゃないかしら。それでも見えにくくなったら、それまで使っていた老眼鏡の上からかければ、老眼鏡を買い換えないでまたしばらくはそのまま使えると思いますよ。

それからハズキルーペを購入するきっかけになったのが老眼鏡の上からかけて老眼の度数を上げることができる、ということと、ブルーライトをカットしてくれるという点もありました。

レンズは透明のクリアレンズとピンクブラウンの2種類があって、クリアのほうが35%、ブラウンの方は55%ブルーライトをカットしてくれるらしいです。
パソコンを使用する時にも使いたかったし、普段でも使いたかったので、私はクリアレンズの方を買いました。
ブランだとちょっとサングラスっぽいので普段の仕事ではちょっとどうかな~と思ったので…

レンズの大きさはラージとコンパクト、クールがありますが、これは大中小って感じです。視野の範囲がひろいほうがいいかな~と思ってラージにしました。なんだかスポーツをする時の透明のメガネの用な感じですヨ。

それからフレームも柔らかくて掛けていても耳が痛くなりにくいと思います。
フレームの色は黒、白、赤、紫、チタンカラー、パールの中から選べます。

あと日本製というのも安心でしたし嬉しいのが補償でした!
1年以内の部品の破損を保証してくれるのはよくありますが、誤って破損した場合でも1回に限って無償で新品と同等のものと交換してくれるんです!ただしレンズの傷はダメのようです。
そしてすごいのが10年補償!製造過程での不具合などがあった場合は10年無償で修理や交換をしてくれるとこです。なので保証書などはなくさないように保管しておかないといけませんね。

まとめ

ハズキルーペと老眼鏡の違いは、老眼が進んたどき見えにくくなったものを拡大して見えるようにしてくれるのがハズキルーペで、大きさは変えないで焦点を合わしてクッキリ見えるようにしてくれるのが老眼鏡です。

ハズキルーペは普通の老眼鏡として使うのもいいですし、特に細かい作業などをする場合には本当に重宝すると思いますヨ^^

ただし類似品や安い模倣品がありますので注意してくださいね。
やはりそういったものはレンズが歪んでいたり、すぐにひび割れしてしまうこともあるようですから気をつけてください!

ハズキルーペのサイズなどについては、こちらの記事も参考にしてくだいネ
ハズキルーペと老眼鏡比較。ラージとコンパクト、鼻パッドについて

スポンサーリンク

-生活
-