毎日ワクワク〜〜!

毎日の生活がワクワクできるような情報を紹介します♪

生活

豊川稲荷ヨルモウデ11月に行った感想!お得なチケットで幻想的な提灯の世界へ♪

2021豊川稲荷ヨルモウデ
11月下旬から週末限定で再び開催。
11月のヨルモウデはどんな感じ?
チケットの種類や購入方法は?
昼間とは違う夜の参拝。
光の演出が幻想的な提灯の世界へ
連れて行ってくれます。
なんだか異空間にいるようでしたヨ。
そんな豊川稲荷ヨルモウデについてお伝えします。

スポンサーリンク
  

豊川稲荷のヨルモウデ11月も開催

夏休みにSNSで見たヨルモウデの画像。
浴衣で提灯を持って
イルミネーションの中を歩く写真に
「行きたい!」って思いましたが
しかしコロナウイルス感染拡大中。
夏限定イベントだったけど仕方ない。
と諦めたのです。

しかし秋にまたSNSで
再びヨルモウデの画像が目に止まり
まだやってるの?と検索。
11月26日から12月5日までの
金~土日曜日まで週末限定で
やってる事を知りました。

感染者数も減ってるし
行くなら今かも!!
11月下旬の日曜日に行くことにしました。

混んでいることを覚悟していたんですが
豊川稲荷大駐車場にも車はまばら。
あれ?空いてる?
17時開場時には少し入場に並びましたが
入ってみると参道の周りには
30人くらいしかいなかったので
列になることもなく
人と重なることもなく
ゆっくりと自分達のペースで
進むことができました。

12月に入れば参拝客も増えるので
人混みを避けたい人は
11月に行くことをお勧めします!

ヨルモウデチケットはネットでゲットがお得!

私は、前日の夕方ネットで
前売りチケットを購入しました。

サポーターズクラブに登録すれば
スマホからサクサクっとできますヨ。
クレジットカードのカード情報の入力
が必要ですが操作は簡単。
スムーズにチケットが取れました。

チケットぴあで購入すると
手数料がかかりますが
コンビニ払いが可能です。

日にち指定のチケット。
人数制限はないので
売り切れることはありません。
行く日にちをしっかり決めてから
チケットを購入してください。


スポンサーリンク

前売りチケットはは大人800円、小人500円。
当日チケットは
大人1,000円、小人600円と
値段が高くなりますので、前売りの方がお得です。

当日チケットは現地で販売してますが
現金支払いなので
ちょっと時間がかかり入場まで並ぶことになります。

前売りチケットがあれば
豊川稲荷に入ってから受付で
スマホのチケットQRコードを
係りの人に読み取ってもらうだけ!
数秒で入場手続き完了です。
当日チケット購入の列をスルーし
あっという間に入場できますよ^^

いざヨルモウデ!提灯が幻想的な世界を演出!!

チケットを確認したら
すぐに1家族に1個提灯が渡されました。

薄暗い中にほんのりと光る提灯。
特に素敵なのは地面に照らし出される光の形!
暗闇の中にだた提灯の灯りがともるだけじゃないんです。

なんと、その灯りが豊川市名産バラの花の形と
豊川稲荷の遣い白狐の形の2種類映し出されるです。

ちなみに私たちはバラの提灯でした。
提灯を灯せば
地面に照らされたバラの形の光が
足元を明るく照らし
バラの光の中に立っているような
その光に導かれるように歩くような
なんとも幻想的でした。

そして、その光は
赤、青、黄色、ピンクなど色が変わり
暗闇に光る色によって違う雰囲気になるのです。

参拝客が持っている色とりどりの提灯が
点々と大本殿までの夜の参道を照らします。
それを入り口から眺めるだけでも
とても特別な空間にいるようでした。

一緒に連れて行った中学生の子供たちは
提灯の表情を見たり、何色がいいかなと
何度も何度も立ち止まって
インスタ映えする写真を撮るのに必死でした。

「この提灯ほしい!」と言っていましたが
帰りに返却。
とても残念そうでした(^^;)

豊川稲荷ヨルモウデの様子

豊川稲荷の入り口から大本殿まで

鳥居から参道に入ると
奉納提灯のプロジェクトマッピング!

11個×10個で110個
長方形の形に連なった提灯1個1個に
文字や絵が写し出されたり
ピンク・青・緑・黄色など
グラデーションの色の映像が
瞬時に変化し形を変えていきます。

その色の変化で
奥に続く参道の雰囲気も変わるので
奉納提灯越しの参道や大本殿を
しばらく足を止めて眺めていました。

大本殿と鳥居や狐の石像も
幻想的にライトアップされています。

見る角度や位置によって
表情や印象が異なるので
ただ参道を歩くだけではなく
昼間とは違う風景を堪能でき
楽しみながら参拝をすることができました。

豊川稲荷といえば狐塚

豊川稲荷といえば狐。
中でも狐塚は有名です。

大小1000点以上の狐像が奉られており
昼間でもその迫力に圧倒されますが
夜はまた違う趣がありました。

ほんのりとライトアップされているので
奥の方の狐像はぼんやりと
手前の狐像はライトで光って見える。

たくさんの狐像が
迫ってくるような迫力で
皆さん口々に「わー、すごい!」と
思わず声が出ていました。


まとめ

豊川稲荷の夜の参拝は初めてでしたが
暖かい格好をしていけば
それほど寒くなく
空いていたので30分くらいで
参拝が終わりました。

ライトアップと手に持つ提灯が
とても幻想的で
中学生の子供たちも
とても感動してまた行きたい!って言ってました。

12月はもっと混雑すると思うので
次にまた行くとしたら
やっぱり11月がいいですネ。

いつものお昼とは違う幻想的な夜の参拝。
子供だけでなく、大人も、カップルも家族も
皆で楽しめると思いますよ♪
是非行ってみてくださいね^^

スポンサーリンク

-生活
-, , , ,