毎日ワクワク〜〜!

毎日の生活がワクワクできるような情報を紹介します♪

生活 子育て

1歳から始めるおもちゃで知育!知育遊びのねらいと手作りできるものをご紹介!

2022/05/15


優しい子に育って欲しい。
自発的な子に育って欲しい。
そんな願いを込めて試行錯誤の子育てでした。

知育っていう言葉をよく聞くけど
そもそも知育ってなに?
1歳の発達段階から考える知育のポイントは?
簡単に手作りできる知育おもちゃと
より効果的な遊び方をお伝えします^^

スポンサーリンク
  

知育ってなに?1歳の知育のポイントは?

「知育玩具」や「知育絵本」など
「知育」と書かれている商品に
ついつい目がいってしまいませんか?
子供のために良さそうですもんね。

そもそも知育って何なん?
それは・・・
発達段階に応じて脳を刺激して
考える力や発想力・想像力を養う
ってことなんですって・・・

いろんなことを吸収できる幼児期に
知育をすることで能力や知力の可能性
を広げるってことなんですね。

1歳になると
手や指を上手に使えるようになり
立ったり歩いたり体の動きも活発に
なりますよね。

言葉も少しづつ覚えて
意味も理解するようになります。

単語中心にお喋りもできるようになる
時期ですね^^

そこを伸ばしてあげることが
1歳の知育のポイントになります!
ポイントを抑えて
さっそく知育遊びをしてみましょうよ!

簡単手作りおもちゃでできる知育遊び

うちの子も
知育のおもちゃを買ってきて遊んでも
積んだりはめたり転がしたり
一通り遊んだら飽きてしまいました。

次々と買い与えるのもお金がかかります。
なので我が家は手作りが多かったです。
簡単で安価で知育になるようなおもちゃ。
よく使ったのは牛乳パック・フェルトです。

手作りおもちゃは牛乳パックでできる

手先を使うと脳にもいいて
よく耳にしますよね。だから、
遊びにも取り入れるといいと思いました。

牛乳パックを色んな大きさや形に切り
真ん中に穴を開けたらあっという間に
紐通しのおもちゃができますヨ。

毛糸やヒモの先をセロハンテープで
巻くだけで紐が簡単に通せるようになります。
事務用品の綴り紐みたいな感じ。

それに加えて
いろんな色を塗ったら
「赤」「緑」と色を覚えながら紐通し。
形を変えるだけで
「四角」「三角」と形を覚えることが
できますね。

動物の絵を書けば
「ライオンガオー」と真似しながら
紐を通したりして楽しめます。

たくさん通せばジャラジャラと繋がって
「いっぱい通せたね。重たいね」って
手先を動かしながら
言葉も覚えることができます!

室内アスレチックで体を使う

ボール遊びもたくさんしましたが
特に子供が気に入っていたのは
室内アスレチックです。

大きいクッションや小さいクッション
踏み台やソファーも使って
登ったり降りたり
ゴロゴロと転がったり。
もちろん危なくないように手を繋いだり
近くで見ていました。

並べ方を変えたり登り方を変えれば
なん通りものアスレチックに大変身します。

いろんなことができるので飽きずに
体を動かすことが楽しくなるので
運動能力を発揮できるってわけです^^

手作りおもちゃはフェルトを工夫

家では、フェルトを使ったおままごとが
言葉を覚える遊びとなりました。

おままごとって、想像と発想の要素が
詰まっってると思うんでよよね。

市販のおままごとセットも使いますが
フェルトで工夫すると遊びが広がりますヨ。

白いフェルトを細かく切ると
ご飯の出来上がり!
キュッキュッと握って
茶色のフェルトで包めばおいなりさん。
黒いフェルトで巻けば海苔巻き♪

いろんな色のフェルトを切っておくだけで
後は、その中から子供が自分で考え
フェルトを組み合わせて
スペシャルメニューを考案してくれます。

「ぐるぐるごはん」
「混ぜ混ぜハンバーグ」など
ネーミングセンスも豊かです。
「ごはん」
「トマト」
「お肉」
「グツグツ」
「チョキチョキ」
「どうぞ」
「ありがとう」
「いただきます」
「ごちそうさまでした」

発想や想像の世界のおままごとに
いろんな言葉をプラスして
言葉を覚え会話できるようになります。


スポンサーリンク

知育遊びのねらいはここにしました

私が、子供の遊びの中で
大切にしていることがあります。
それは、子供が自分で考えたこと
ややってみたこと
言葉に出して表現したことを
驚いたり褒めたり喜んだり
することです。

紐通しが初めてできた時
「できたね、嬉しいね」

色や形を覚えて言えるようになった時
「三角だね、よくわかったねすごい!」

登ったり転がったりが楽しい時
「ゴロゴロすごい!
 もう一回ママに見せて」

おままごとでも
「おいしそうなごはんできたね」
「この赤いのはなに?
 どうやって作ったの?」
というように。

子供が遊んでいるのを
ただ見ているだけでは
せっかくの知育遊びの効果が
半減してしまう気がします。

なので一緒に遊んで楽しんで
その時その瞬間の気持ちを
共有するようにするといいと思います。

子供との関わりや会話が増えていくと
成長を感じてとても嬉しいです。

子供もママに自分の行動や言葉を
受け取ってもらい喜んでもらえるから
どんどんいろんなことに挑戦できる
と思うんですよ。

今日はなにして遊ぼうかな?って
考えることから楽しみが
溢れていきますヨ^^


まとめ

子供は毎日の遊びを通して
たくさんのことを吸収して
学んでいきます。

自分で考えてやってみることができれば
特別なおもちゃでなくてもいいです!
むしろ簡単な素材の方が
いろんな遊び方を考えるきっかけになる
と思いますヨ。

大事なことは
子供と同じ目線で一緒に遊び
楽しみ共感することではないでしょうか。

学んだことやできるようになったことを
言葉に出して表現したり
思いっきり誉めてあげてください。

認められたという実感があれば
自信を持って能力を伸ばして
行ってくれるでしょう!

1歳の今しか感じられない成長が
たくさんあります。
その成長を存分に味わう幸せを実感して
一緒に楽しんでみてくださいネ。

参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク

-生活, 子育て
-, , , ,