毎日ワクワク〜〜!

毎日の生活がワクワクできるような情報を紹介します♪

生活

充電式高枝ヘッジトリマーで剪定した感想とビフォーアフター

2019/09/05

生垣や庭木の剪定で苦労されてませんか?私は今まで刈り込み鋏でジョキジョキ切ってました。手も疲れるし時間もかかってしまうのでなんとかならないかしらと思ってました。そこで前から気になってたヘッジトリマーを購入!使ってみた感想とビフォーアフターをご紹介します。

スポンサーリンク

高枝ヘッジトリマーを買っちゃいました!

今まで刈込鋏や剪定鋏で庭木の剪定をやってました。結構時間がかかるし、腕もだるくなるし、もうだんだんと嫌になってきてたんです・・・

そこで前々から気になっていたヘッジトリマーを購入することにしました。
あまり高価なものは買えないし、失敗するのも怖く、使いきれなかったらそれこそショック。

そこで選んだのがコチラの山善の10.8V充電式ヘッジトリマー!

箱の中から商品を取り出したところです。

この商品にした理由は、価格もそうですが、ポールを継ぎ足して使えるという点でした。
釣り竿みたいに収縮できるタイプもあったのですが、それでは高くない枝を切るとき、ポールを半分まで伸ばしたとしてもすべてのポールを持ってることになって、重いのかな?って思ったからなんです。

女性でも持てるような軽さだったらいいなーって思って^^
実際は、ポールを継いで使うと男性でもちょっと重いな~って旦那が言ってましたけど。

でも、肩掛けベルトを付けて、ポールの端をお腹に当てて使えば、腕だけでやるのではないので結構楽に使えるようでした。

使ってみた感想と庭木の剪定ビフォーアフター

この商品を買う前にいろいろ調べてたら、注油をしながら使うということがわかったので、シリコンオイルスプレーも用意しました。注油すればバリカンの刃の滑りも良りますし、刃も長持ちするんでしょうね。

まずはここから剪定しました。レッドロビン。

今までは剪定といえば刈込鋏で切ってたんです。シャカシャカと切っていくんですが、今ひとつ形が整いませんでしたが、このバリカンを使えば横にシャーって動かすだけで形を整えることができました。

ただちょっと太めの枝あって、そこにバリカンが当たったときは、バリカンが止まってしまいました。刃に枝が噛んでしまったんですね。
そこは後から刈込バサミで切ることにしました。

続いてシマトネリコ。

このシマトネリコも目隠し用に植えていたんですが、すごく繁ってしまうんですよね~
なので枝を根本から数本結構切ったんですけど、それでもこんな感じなんです。
ここは高いのでポールを1本つけて切りました。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、これでも結構スッキリしたんですよ^^;
外側はヘッジトリマーて刈っていくんですが、全体をすいたりするときはやっぱり刈込鋏を使ってやりますので、刈込鋏は捨てられないですね。

スポンサーリンク

そしてクリスマスツリーの様な木。
ごめんなさい、何という名前の木なのかわからないんです^^;

高いところはポールをつけて、それ以外はバリカンのみで剪定ました。

ここまでやるのになんと20分で出来ちゃいました。
充電が30分持ちますって書いてあったので、それまでに終わるのかしらって思ってたんですが、余裕でできちゃいました!

本当に買ってよかった~って思いました。

剪定の前と後のビフォーアフター

ちょっとアングルが同じではないかもしれませんが、
コチラかが剪定前

コチラが剪定後

こんな感じにするのに20分くらいで出来ちゃうんでモン、楽ちんです^^

作業中に見つけたセミの抜け殻です。


ここにも落ちてました。

さいごに

先程もお伝えしましたが、女性でも使えることは間違いないですが、ポールを継いで使用すると、バリカンの部分が先の方になって重くなるので腕の力だけでは辛くなります。

そんなときは肩掛けベルトを使って、ポールの端をお腹などに当てたりすると作業が楽にできるようになると思います。

それから1つ失敗したことがありまして・・・
剪定作業の前に、庭木の下にブルーシートを敷いてやってなかったことです。

作業の内容がわかりやすいかな~って思って、今回はブルーシートを敷いてなかったのでこんな感じで散らかっちゃいました。

作業のとき、ブルーシートを敷いて置けば、ほうきではくにしても、段差はないですし、ある程度手で集めてゴミ袋に入れて、残りをブルーシートからササーッとゴミ袋に入れることもできるので片付けも楽になりますよ~。

スポンサーリンク

-生活
-, ,